脳梗塞を予防するために役立つ情報|素早い対応が鍵

子供の病院

自然

伊丹で小児科を利用する時予約をしておくと非常に便利です。予約はウェブからすることができるので今後は多くの方利用するでしょう。小児科を選ぶときは医師がしっかり質問に答えてくれるのか見ておきます。さらに複数の場所を比べてみるといいです。

詳しく見る

脳にできる腫瘍

男性

脳腫瘍には良性と悪性の2種類があるのです。肉中心の食事や塩分の摂り過ぎなどは、脳腫瘍になるリスクを高めるので気をつけましょう。脳腫瘍の症状には頭痛、吐き気、視神経の異常などがあるのです。ストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。

詳しく見る

未然に防ごう、脳の病気

女性

画像検査で状態が分かる

脳梗塞とは、脳血管の疾患で、脳の血管が血栓やアテロームによって詰まってしまい、血流障害が脳に起こることによって生じる疾患です。男性に比較的多い疾患で、直接的な原因は動脈硬化や高血圧、高脂血症などです。脳梗塞の予防は、この疾患で一番重要な治療方法といえます。脳梗塞は詰まる血管にもよりますが、一般に予後があまりよくなく、予防して発症を未然に防ぐ方法が、発症して治療する方法より簡単です。また予防のためには脳血管を検査する必要がありますが、画像検査の技術も向上しており、以前より簡単に検査ができるようになってきています。画像検査では脳梗塞の可能性の高い部位が見つかっても、いつそれが脳梗塞になるかは分かりません。しかし部位を補強して破裂を予防したりといった方法もあり、予防方法も進化しています。

今後どうなるかを考える

高齢化が進行している日本では、今後高齢者の数は増加することが分かっています。脳梗塞の原因は動脈硬化や高脂血症、高血圧などで、これらは50代ごろより顕著に始まる老化現象や生活習慣病などによって発症します。高齢になるほどこれらの疾患が増えることから、これらに罹患する患者数は、日本が高齢化するほど増加すると考えられます。よって脳梗塞も増加すると考えらます。脳梗塞は予防が重要な疾患で、医療の進歩により予防技術も向上しています。画像検査は精度が年々上昇しており、アテローム血栓性脳梗塞などは、その発症する部位が予測できるようになっています。また特定健康診査も始まり、メタボリックシンドロームなどの予防も普及しています。このような状況から、今後も脳梗塞の予防活動は活発になっていくと考えられます。

樹状細胞を増殖する治療

患者

樹状細胞は、リンパ球にがん細胞の特徴を教える細胞です。これによりリンパ球は、がん細胞を的確に攻撃できるようになるのです。この樹状細胞を増やす治療が、樹状細胞療法です。具体的には、患者自身のがん細胞または人工のがん細胞の情報を樹状細胞に教え、培養してから患者に注入するという方法でおこなわれています。

詳しく見る