脳梗塞を予防するために役立つ情報|素早い対応が鍵

樹状細胞を増殖する治療

患者

リンパ球と樹状細胞

リンパ球は、体に害をなす存在を撃退する働きをしています。そして、体内で異常な増殖を繰り返すがん細胞も、リンパ球の標的となります。しかしがん細胞が増えていくにつれて、体の免疫機能が低下し、リンパ球の働きが悪くなります。この働きを良くするためにリンパ球に指令を出しているのが、樹状細胞です。具体的には樹状細胞は、リンパ球にがん細胞の特徴を教えることで、進む方向を定める役割を担っています。樹状細胞からがん細胞の情報を教えてもらうことで、働きの悪くなったリンパ球でも、スムーズにがん細胞を攻撃できるようになるのです。そして、より多くのリンパ球に指令を与えるために、樹状細胞を培養により増殖するという治療が、樹状細胞療法です。樹状細胞療法をおこなうことで、がん細胞が多く撃退されれば、がんは治りやすくなるのです。

具体的な治療方法

樹状細胞療法では、まずは患者自身の樹状細胞と、増殖中のがん細胞とを用意する必要があります。これは、手術などで摘出したがんの腫瘍の中から取り出すことができます。したがって樹状細胞療法は、がんの手術後におこなわれることになります。そして、がん細胞の情報を分析し、それを樹状細胞に覚えさせ、さらに培養して数を増やした上で、ワクチンとして患者の体内に注入するわけです。患者自身の樹状細胞を使うわけですから、体が拒絶反応などを起こすことはありません。そのため樹状細胞療法は、体への負担の少ないがん治療として知られています。また、患者の体力が少なく、手術が困難という場合には、人工的に作り出したがん細胞の情報が、樹状細胞に与えられます。