脳梗塞を予防するために役立つ情報|素早い対応が鍵

脳にできる腫瘍

男性

良性と悪性

脳の中にできる腫瘍のことを、脳腫瘍と呼ぶのです。良性の場合、急激な増大や転移をすることは少なく全摘出が可能な腫瘍なのです。悪性の場合、増大速度が早いのが特徴で全摘出は難しいと言えるでしょう。手術後は、抗がん剤や放射線治療を行う事が多いのです。脳腫瘍になる原因は、未だにはっきりしたことが分かっていないのです。しかし肉中心の食生活や塩分の摂り過ぎによって、病気になるリスクを高めてしまうと言われているのです。ストレス、喫煙、過度な飲酒、放射線、携帯電話やパソコンの電波なども影響すると言えるでしょう。脳腫瘍はがんの中でも生存率の高い病気で、5年生存率は75%となっているのです。神経膠芽腫は他の脳腫瘍とは違い、平均寿命は1年半と言われているのです。

頭痛や吐き気などの症状

脳腫瘍の症状には、慢性的な頭痛があるのです。特に朝方に症状が強く現れて、時間が経つにつれ改善されていくのが特徴です。病気が進行すると同時に、痛みは日に日に増していくでしょう。原因不明の吐き気や嘔吐も症状の一つです。頭痛と一緒に現れることもあるのでしょう。脳にできた腫瘍が大きくなると、周囲の脳組織を圧迫して視神経に異常が現れるでしょう。言語障害、手足の麻痺、意識障害、視力障害、てんかん様発作などがあるのです。脳腫瘍を予防するには、食生活や生活習慣の見直しを行うことが大切です。ストレスを溜め込まないように、自分でリフレッシュできる方法を見つけるといいでしょう。運動はストレスを発散させることができるため、人気の方法となっているのです。